薄毛対策  薄毛とその対策に関する体験的情報

薄毛対策

 容姿に関するコンプレックスには様々なものがありますが、そのひとつが「薄毛」です。特に若いと、その悩みは非情に深いものになります。「薄毛」に関する悩みは、他の容姿に関する悩みと同様、それが「命」や「身体的な障がい」にかかわるものでないだけに、法的な保護はありませんし、保険などもききません。

 ですから、「薄毛」の「対策」も、他の容姿に対するものと同様、「気にしない」のが一番だし、トレンディエンジェルの斎藤さんのようにむしろ、自虐ネタとして、「薄毛」をトレードマークにして売り込むというようなプラス思考をしていくことが、最高の対策だと思います。

 しかし、人の心は必ずしもそんな風に強くは作られてはいません。特に若い人はそうでしょう。だからこそ、カツラだの育毛だの増毛だのと言った商品やサービスが売れるわけです。「増やしたいのは笑顔です」なんて言っても、それが企業として成り立つ以上は、見方を変えれば「人の弱みに付け込んだ商売」に違いありません。

 したがって、「薄毛」は「薄毛」として、「笑顔」で生きるために、この実社会に存在する多くの情報の中から、自分に最適な「答え」を選んでいかなければなりません。私は私として、クラウン商事の「マジックパウダー」を選択しました。もちろんそれは自分が正しいと思っているだけで、本当はもっと正しい「答え」があるのかもしれません。

 孫子の兵法に「彼を知り己を知らば百戦して危うからず」というのがあります。ここでは「己」というのが「薄毛」であり、「彼」が「薄毛対策」になろうかと思います。そういう意味では、このブログはまったく「情報」に対する個人の対応の記録に過ぎず、他人にどうしろというものではありません。けれども、それは、現在「戦いの真っ最中にある人たち」の参考にはなると思っています。そして、それは「戦い終わった人たち」の共感を得たり、「他の戦場で戦っている人たち」が参考にしたりしてもらえるのではないかとちょっとした自負も感じています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする