お悩み相談 薄毛対策 薄毛の原因って何?

薄毛の原因って何?   【知恵袋 2019/6/27】

ベストアンサーに選ばれました!

お悩み相談

本人も「率直」と言っている通り、そのまんまの疑問みたいです。

「素朴な疑問」って言うやつなんでしょうね。

薄毛の原因についてお尋ねでした。

私の回答(リライト)

いろいろ原因はあるのだけれど、やっぱり「遺伝」です。

もちろん、遺伝以外の原因もしくは遺伝を妨げるものとしては、

「生活習慣」があげられますが、「遺伝」がベースだと思います。

実際の質問と回答

お悩み相談のコメントとして(追加)

上記、実際の質問と回答の回答には私の別の質問に関する回答のリンクが貼ってあって、

「遺伝」について解説しています。以下はその余談です。

「薄毛」自体の遺伝は、確かに劣性遺伝ですが、

AGAなどの「薄毛」は、「薄毛になりやすさ」のことです。

一般的に言えば、子どものころは髪がフサフサだったのに、

たとえば、30代、40代で、髪の毛が薄くなるような薄毛です。

だから、一概に「ハゲは遺伝する」と言っても、

子どものころから、もっと言えば、生まれた時からの「薄毛」は遺伝するけれども、

劣性遺伝で、遺伝しにくいということです。

でも、「薄毛で悩んでいる人」はふつう、大人になってからハゲた人です。

「生まれつき」の人は受け入れやすいという側面があるのは否めないでしょうが、

それはそれで、同情もしてもらいやすい気もします。

問題なのは、大人になってハゲるパターンで、

もともとはフサフサなので、同情の余地なしって言う気がします。

何より、生活習慣で改善する余地があるのが、きついところです。

このあたりは、「肥満」などと同じイメージです。

「肥満」している人は、

「肥満になりやすい体質」が、遺伝しているから、「肥満」なのにも関わらず、

「自律」や「努力」の余地がある分、「怠け者」と思われがちです。

AGAなどの遺伝でハゲている場合は、

最近はれっきとした病気ということで、「治療」がおこなわれたりします。

保険はききませんが。

もっとも、糖尿病などと同じように、生活習慣病と似たようなものにされると、

ハゲの一人としては、「おいっ!」という気にはなります。

最近は「遺伝子」の研究が進んでいて、

「遺伝子トレーニング」なるものが、開発されていたりします。

子どもをつくる太り気味のお父さんが、一生懸命ジムでトレーニングして、

一時的に「肥満」になりにくい体質になって、子どもをつくるのだそうだ。

女の人が子どもをつくる前にお酒を断ったりするのと、同じだなと思う。

「遺伝子」の研究もまだまだ未開拓なんだなあ、という思いにさせられる一方で、

「薄毛」だとどうなのだろう?という思いが湧かなくもない。

頭皮を清潔にして、マッサージするのかなあ。

でも、それって、遺伝子には関係なさそうだけれど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする