どうすればハゲを受け入れられますか?

どうすればハゲを受け入れらますか?

受け入れる必要はない。

普通、受け入れられないと思います。特に20代なら。私は還暦になろうかという者なので、そこまで気にならなくなっていますが、今でも、禿げていない人がうらやましいです。無理に受け入れようとする必要はないように思うのですが。いかがでしょう。

確かにくだらないことだ。
10年も前の同窓会で「はげはいやだ」と言ったら、「別に命にかかわりがあるわけじゃないし・・。俺なんか・・」と、おまえはなんてくだらないことを言っているのだと、諭されました。ほんとうにアイツと比べたら、くだらなくてバカみたいだと思います。でも、それに対してあがいてきたことを後悔しているわけではないです。今だったら、こんなにいい方法がたくさんあるのになあ、と思います。

病院で治療する時代なのに。
そもそもAGAということで病院で治療することでも可能だし、スキンヘッドに限らず、ヘアースタイルでごまかすこともできます。どの方法をとるかは、それぞれだと思うし、それはどの程度禿げているのかに関わることだし、また、生き方にも関わることだと思います。ハゲは障碍、見た目だけの問題です。それにどのように立ち向かうかはその人その人の問題です。「受け入れる」ことだけが解答ではないと思います。簡単に受け入れられるようなら、知恵袋に相談したりしないでしょうし。

わたしはマジックパウダー
還暦に近い私のことなど参考にもならないかもしれませんが、私はマジックパウダーといういわゆる「ふりかけ」を使っています。いまはもっと安い「ふりかけ」があるみたいだけれど、送ってくれる人とも心のつながりができたみたい(一方的かもしれません)で、注文するのが楽しいです。若い人は悩むべきだと思うし、「陰湿な心へのダメージ」には、明るく戦ってほしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする