AGAの治療法 注入治療って何?  薄毛対策

AGAの注入治療って何?

発毛成分を頭皮に直接注入

AGAの通院治療に「注入治療」という方法があります。聞きなれない言葉で、つい、「なんだろう?」と思ってしまいます。「注入」というくらいですから、発毛成分や脱毛抑止成分を頭皮に直接注入することを言うわけです。それはそうなのでしょうが、では、なぜそんなことをするのでしょう?

ミノキシジルやフェステナリドの副作用

発毛成分や脱毛抑止成分と言えば、それぞれ、ミノキジルやフィナステリドが代表的ですが、いずれも服用薬のはず。頭皮に直接注入しなくても…と思ってしまいます。ミノキジルはリアップのように直接頭皮に塗る方が知られているくらいです。しかし、これらの方法ではその成分を多くすると、副作用の方が大きくなり、成分の含有に限界があったわけです。リアップも発売当初より5倍のものが後に発売されましたが、それ以上のものはさすがにできないようです。理由はもちろん、副作用のリスクが大きくなるからです。したがって、これらの有効成分を直接頭皮に注入すれば、副作用のリスクを軽減できるというわけです。

さまざまな注入治療

ダイエットの方法でメソセラピーと言えば、注射で脂肪を抜くことを言いますが、AGA治療の場合は、「直接注入」を指します。したがって、育毛メソセラピーとかAGAメソセラピーといった名前がついていることが多いようです。他にもグロースファクター再生療法とかHARG療法と言った名前で呼ばれているケースもあります。注入方法にも針を使わないなどさまざまな方法がありますし、成分的にもそのクリニックによって違ってはいます。

服用薬の次の段階

注入治療はAGAの治療としては、薬の服用に次の段階に来る方法だと思えばいいでしょう。その次の段階が「植毛」と考えれば、AGAの3っつのステップが見えてきます。AGAは病気だと考えて、そのステージに応じて治療法がある。そんなところでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする