プロペシアって何?

プロペシアって何?

世界初のAGA治療のための医療用医薬品

プロペシアは、世界で初めて効果の認められた、AGA治療のための医療用医薬品です。医学的に効果が認められているのは、ミノキシジルだけではないのか?って思ってしまいますが、そうではないのです。確かに日本で市販されているものはミノキシジルだけですが、AGA治療のために病院へ行けば処方してもらえます。

有効成分はフィナステリド

プロペシアはアメリカの製薬会社が開発した薬品名です。例えば「リアップ」とかと同じく薬の名前です。だから、リアップの有効成分がミノキシジルであるように、プロペシアにはフィステナリドという有効成分があります。この有効成分がAGAの原因となるDHTの生成を抑制してくれるのです。毛根部分の欠陥拡張を促す働きのあるミノキシジルとは根本的に違いますね。だから、プロペシアは頭皮に塗るのではなく、「飲む」育毛剤として日本では知られているのです。(ミノキシジルにも飲むタイプはあります。)

プロペシアの入手方法

市販されていないのだったら、どのようにして手に入れるのでしょうか。それには、AGA治療を行っている病院やクリニックで処方してもらう必要があります。きちんとした医療機関で処方してもらう分だけ安全、安心なのですが、そこはそこ逆にそういうところに行きたくないという人もいます。そういう場合は通販や個人輸入という方法もありますが、ニセモノだのなんだのというトラブルに会った時は自己責任で対応しなければなりません。医療機関や入手方法で異なりますが、一般的な価格は1か月で6000円から7000円ほどです。また、病院・通販いずれの場合でも、ジェネリック製品はより低価格で手に入ります。目安としては4500円から6000円くらいです。

プロペシアで発毛効果が表れるまで

もちろん個人差があるということは他の育毛剤と同じですが、実際に効果を確かめるには6か月(薬品添付文書による)が必要です。以前、満足のいく効果を実感するのに10年の歳月を必要としたという体験談を読んだことがあります。気の長い話ですね。お酒やたばこをやめて生活習慣を変えたということですから、実際、何が効いたのかわからないではないかと思ったりもしましたが。

薄毛は病気?

結局のところ、薄毛は病気としてAGA治療を行っている病院やクリニックに行って相談した方がいいのかなあ、と思います。もちろん、本気で治したいのなら、ですが。もっとも、保険がきくわけではなさそうなので、そこらへんは中途半端だなあと思わないでもないです。