悩み相談 薄毛対策 育毛剤での増毛技術の進歩

育毛剤での増毛技術の進歩

やはり画期的なものとしては、リアップで有名になったミノキジルです。なにしろ、アメリカのFDA(日本でいう厚生労働省)に世界で初めて正式に認可された育毛剤なのですから。
ただ、これに関して言えば、効果があることはわかっているというものの、そのメカニズムは現段階では不明です。
なにしろ、育毛剤として開発された理由が、最初は高血圧の経口薬として用いられていたミノキジルが、その副作用によって多毛症になる患者が多かったことですから。育毛剤としての開発が進められたのはそれからなのです。この経過からもその効果はうなずけますね。
このミノキシジルを1%含むのがリアップ。5%含むのが新発売のリアップ×5ということになります。とは言え、もう新発売とはいえないかもしれません。
頭頂部の薄毛ハゲには効果がありますが、生え際とかには効果があまりないということも知られています。副作用もあり、特に頭皮の痒みについてはかなり多い模様です。
また、もっとも効果が高いとされるのは、タブレットタイプの経口薬なのですが、これはこれで副作用が顕著なようです。
アメリカのFDA認可薬としては、このミノキシジル以外にはプロペシアがあるだけですね。プロペシアの方は副作用はあまり報告されていないし、その発毛メカニズムも解明されています。また、こちらは飲むタイプの薬です。
もちろん、アメリカのFDAで認可されないと育毛効果がないというわけではありません。日本でも画期的とされる育毛剤は、リアップ以前からたくさんありました。薬用不老林「メイ・グイ・ファ」(資生堂) 「紫電改DX」(カネボウ)などは1980年代からモデルチェンジを繰り返しています。また、中国では日本からの購入ツアーも企画された「101」(日本では認可されませんでした)や「ダーバオ」「黒百合」などをあげてもよいでしょう。
育毛剤も日々進歩を遂げているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする